【ウクレレCDレビュー】ライヴ〜ジェイク・シマブクロの世界〜


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-21-51-30
引き続きジェイク・シマブクロさんのCDを。なんか、ウクレレとは思えないシリアスな音が出るよね、ジェイクさんの演奏は。ウクレレにこんな可能性があったのか〜!!と気づかせてくれるというかね。

激しい演奏なのに雑じゃなくて、一音一音が丁寧で心地よい。

このCDには私の大好きな「Spain」も入っています!!!これがね、本当にいいの。ギターで弾いてもいいけど、ウクレレだと、やっぱり曲調に可愛らしさとリゾートらしさがプラスされるよね。ジェイクさんが弾くと、本当ギターに負けないくらい音にも深みがあるしね。やっぱり音がキレイですわ〜。少しフラメンコギターっぽくも弾かれる感じですよね。ラスゲアード的な。あ、でもフラメンコっぽいのは、「Spain」もだけど、「Let’s Dance」がフラメンコっぽいわぁ。フラメンコギターのエキゾチックな要素が入っています。それでいてやっぱり少しウクレレの軽快な感じもあるんだよね。まあとにかくテクがものすごいんだなあっていうのを痛感します。あの人の良さそ〜な見た目のおにいちゃんがあんな激しい演奏をするとは…!!

あとライブだから、観客の反応とかも録音に入ってるのが、また味があっていいですよね。なんかこーゆーCD聞いてると、外国行った時とか「あ〜、あのCDで聞いたように盛り上がればいいのか〜」とか、感覚が掴めたりするよね。結構参考になります。

あとは、どんどん速弾きになっていく「Crazy G」!!あれすごいよね。あの曲になった途端の客の盛り上がり具合もすごいから、人気の曲なんでしょうね。すごくハワイっぽくて明るくて可愛い曲。海に行きたくなります。客の「FASTER!!!」という掛け声と共に速くなっていって、最終的には、いや、それありえねえだろって感じになります。いや、でも私2段階目くらいまでがいいかな。速すぎると聴いてて疲れる(笑)。でもめちゃくちゃ速いのに全然乱れなくてマジですごい。
youtubeでも観られます。すごいっす。なかなか弾き始めなくて(笑)、曲が始まるのは2:30過ぎてからです。
このCDでは、こないだのウクレレディズニーとはまた全然違うウクレレの世界を垣間見ることができました。また音がウクレレディズニーとは違うんだよね。ライブとスタジオ録音の違いというのもあるんだろうけど。
あと完全な蛇足だけど、ジェイク・シマブクロさんのトークセッションとかもCDに入ってるのね。彼、バリネイティブのアメリカ人だと思うけど、やはり発音が少しアジア入るよね。なんていうの?めちゃくちゃ発音いいんだけど、声だけでアジア人だとわかる感じなの。タレントのすみれちゃんもそう。めちゃくちゃ英語うまいんだけど、どことなくアジア人なんだよなぁ。白人の英語とはちょい違う。何が違うんだろう?でもとにかくアジア人の英語は、顔見なくても「あ〜これアジア人だ」ってなんとなくわかる感じ。黒人の英語もわかるけど(あれは話し方が特徴的だから)。

かなりバリエーション豊かな曲が入ってて、とても楽しめます。聴いてると元気になれそう。こないだ会社の飲み会ですげー嫌な思いしたからなぁ。もう「あいつまじタヒね!!!」以外の感情が湧いてこなくて、感情が昂ぶると涙が止まらなくなるんだけど、ちょっとこのCD聴いてたら愉快な気持ちになってきたよ…。音楽の力ってすごいよね。

ブログランキングに参加してます。よかったら押してね↓

 にほんブログ村 音楽ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする