「ウクレレに馴染みが出てきた」→次なる練習メニューは?


とりあえず「ウクレレってなぁ~に?」「コードってなぁ~に?」というフェーズからは脱したわけだけど、ここからの方向性が難しいよね~。これまではさ、好きな曲なんとなく弾いて、歌って、「わぁ~音楽って楽しい!」って思えて、まあハッピーミュージックライフを送っていたわけだけどもさ。なんかこう、曲をなんとなくジャカジャカ弾くことにもマンネリ感を感じているのであります。発展性がないというかね。まあ「ウクレレのうの字も知らない」状態から「なんとかコードが弾けるようになる」って工程と比べると、「なんとか弾けるようになる」から「いっぱしに弾けるようになる」の工程の方が果てしなく難しいけどね~。

で、いっぱしに弾けるようになるためには、やはり技術力が必要だよね。YouTubeとかでも「うめぇ~!!」って思う人は技術力が圧倒的に高いよね。まあ当然か。技術力高い=上手いってことだもんね。笑。

なので、好きな曲を適当になんとなく弾いていても、あんまりうまくなる実感がないわけなのです。まあ一つのハードルを超えたとも言えるのかもしれないけどね。次なる目標は、「スムーズに弾く」です!!どうしても指が動かなくてね~。どうしたらあんな滑らかに弾けるようになるんだろう?違う弦も一緒に弾いちゃったりして、意図しない音が出るケースも大量発生するし。やっぱりそもそもの運指がうまくいっていないのよね。やっぱり基礎練をやらないとこの先の成長はない!!と確信したわけなのです。基礎練キライ…以前こんな記事を書いておいてなんだけど。

そんで色々本を探してたら、「ウクレレ ジャズ」の著者であるキヨシ小林さんのこんな本が!!
51OhN5p3+kL._SX372_BO1,204,203,200_

Amazonで中身がちょこっと見られるのでちらっと見てみたら、詳しい練習メニューまで記載してあってすごく良さそう。レビュー評価も高いし。もはや何をやったらいいのかわからず途方に暮れているので、誰かに「これをやりなさい。これをやったら上手くなります」と指示されたい!!笑 もはや習えよって感じなんですが、ブログのコンセプトが独学だから(逃)。

指がスムーズに動くようになって、演奏レパートリーも増えたら、演奏がすごく楽しくなりそうだよね~。夢ばかりなのですが、いつか、フラメンコになりますが「Verde Yo Te Quiero Verde」を弾き語りしてみたい!!と思っているのです。映画「フラメンコ・フラメンコ」で観てから一聴惚れしたこの曲。歌ってる白人のオネーチャンの声がまじ好みだったのもあるけど、聞けば聞くほど良い曲ですなあ。哀愁漂ってて良いよね。なんかこう、スペイン人って陽気なラテン人!!って感じするけど、少しアンニュイな影もあり…、っていうのを非常に魅力に感じています。

ちなみに「フラメンコ・フラメンコ」でのVerde Yo Te Quiero Verdeはこれ。

まじで良いよねこれ!!涙が出そうになるくらい好き!!!

こっちはもう少し愉快なヴェルデ。

しかしリズム感が鬼だな…。どうやって弾けばいいんだ、このリズム。あと歌詞がまじで早口言葉。

フラメンコとジャズってなんか共通性高い気がするよ。即興性が求められるとことか。フラメンコギターやってる人って、結構ジャズとのフュージョンに行き着くことが多いけど、やっぱり共通性が高いからなんだろうね。クラシックに行く人あんまり聞かないもんね。あと、「リードの奏者が他に合図を出す」っていうのも共通してるよね。こないだニューオーリンズのバンドがTVで特集されてて、「トランペット(だったっけ?)が次の展開に行く時の合図を他の楽器に出したりします」みたいなこと言ってたのね(記憶はおぼろげ)。あーやっぱりリードの楽器が他の楽器に「次はこういうの行くぞー!!」って合図を出してんだなって。フラメンコは踊りが次の展開をバックのミュージシャンに合図するんだけど。ジャズもフラメンコも大好き。それはやっぱりこうゆう共通性があるからなんでしょうかね。

あー音楽で楽しく遊びたい!それにはやはり、地道な努力がいるな。と感じる今日日頃なのでありました。

ブログランキングに参加してます。よかったら押してね↓

 にほんブログ村 音楽ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする