カポGET!歌いやすくなりました〜!


カポつけない状態で弾き語りすると、ちょっと音が私には低いんだよね〜。それはこの動画で存分にわかってもらえると思います(笑)。出だしでズコーッ!ってずっこける感じ。出だしでずっこけると、もはや挽回の余地なしだよね。聞く気なくすよね。

そんなわけでずっとカポほしーカポほしーって言ってたんですよ。そしたらお知り合いのギター弾きさんが、「カポ余ってるからあげるよ」って言ってくれました!わーいわーい!ありがとーございまする〜!

もらったカポはこれです!!↓

img_3603

ギター用だけど、普通に使えます!バネの部分(なんて言えばいいんだ、カポを開くために使うとこ)が手前側に来るようにしたほうが、弾きやすかったっす。最初逆側につけてたんだけど、押さえづらくて(汗)。私は、2カポもしくは3カポくらいにすると無理なく歌えるかな。1カポだとやっぱりまだ低いかも。

転調とか移調とか、真面目に音楽勉強してこなかった私には敷居が高すぎるんだけど、カポをつけるだけで音を高できるんで、とっても便利!特に女の子で弾き語りするならカポは必需品かも。ソロウクレレだけやるなら不要だと思うけどね。

だけどカポをつけた際の問題点がひとつ…。フレットの位置がわからなくなる!!(笑)

5フレット、7フレット、10フレット、12フレットの位置に●印がしてあって、フレットの位置がわかりやすいようになっているんだけど、カポをつけるとその分だけ後ろにずれます!!3フレット目にカポをつけたら、5フレット目がカポをつけていない状態の8フレット目になる、みたいな感じ。最初結構戸惑うかも。数字が苦手な人は特に…。これは、結構頭使うわぁ〜。脳トレにいいかも…(笑)。

でもカポによって無理なく声を出すことが出来るよーになったので、とてもうれしーです!あとは、カポをつけた状態でのフレット位置を瞬時に把握する能力を身につけなければ…。

ブログランキングに参加してます。よかったら押してね↓

 にほんブログ村 音楽ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする